糖質カットサプリ比較ランキング 口コミ・評判
  1. HOME
  2. 便秘茶の基礎知識
  3. 便秘薬と便秘茶の違い

便秘薬と便秘茶の違い

便秘薬と便秘茶の違いとは?

最近お腹の調子を整えてくれる便秘茶が注目されています。その名前から想像できるように、便秘の悩みを改善してくれるお茶のことで、近頃は様々な味や種類のものが販売されています。以前は便秘を解消するものと言えば便秘薬というのが当たり前の認識でしたが、このお茶と薬の違いとは一体なんなのでしょうか?

まず昔からCMなどでもよく見かける便秘薬。この便秘薬を服用するメリットとして一番に挙げられるのが、飲んですぐに効果があらわれるということ。つまり便秘に対して即効性があるので、今すぐにお腹をスッキリさせたい人にとってはピッタリです。便秘薬に含まれているのは言い方はあまりよくありませんが、便意を強制的に促す成分ですので、便秘を根本から改善するという意味では全く役に立ちません。ただし先ほども述べたようにすぐにでも出したい、お腹に便が溜まることで体調不良を引き起こしているというような時にはとても役立ってくれます。ただし飲んだことがある方ならご存知のように、便秘薬は無理やり便意を促すので腹痛が起こりやすくなるなど、すっきりスルッと出したい方にとっては苦痛に感じるかもしれません。また、常に飲み続けることでお腹が薬に慣れてしまって、便秘薬が効かなくなってしまうこともあります。そうなってしまうと今まで以上に便秘に悩まされる可能性もあるため、長く使い続けることはあまりおすすめできません。

便秘茶はゆるやかな効果がある

ではもう一方の便秘茶について、こちらはどのような効果があるのでしょうか。まず一番最初にいえることは、便意を促すという点では同じ働きがありますが、便秘薬とは全く逆のアプローチ方法であるということです。便秘薬はすぐに効果が出ますが、便秘茶は比較的ゆるやかに効果があらわれるという違いもあります。そもそも便秘茶は今ある便をすぐに出してしまうことではなく、常に排便を促しやすい腸内環境を作ることが目的として作られています。そのため下剤成分などが配合されておらず、効果を感じられるまでには飲んでからおよそ1週間ほどは時間を要するのが平均的です。ですから今すぐにお腹をスッキリさせたい方には便秘茶が物足りないと感じられてしまうこともあります。まずはそれぞれに持っている効果が違うこと、用途に応じて使い分けなければならないということを理解しておきましょう。

こういった2つの特徴を挙げてみて「では一体どちらが優れたものであるのか」と思う方もいるでしょう、結論としてはどちらも便秘を解消するという面において優れたものである、というのが一つの回答です。先ほどもご説明したように、それぞれが持っている特性は全く別のものであり、今すぐ出したいと思っている方には便秘茶ではもの足りませんし、お腹の環境を徐々に整えたいと思っている方には便秘薬では解決になりません。今、自分のお腹をどのようにしたいのかによって、便秘薬と便秘茶どちらを選ぶのかはそれぞれ正解と不正解があります。便秘茶の選び方についてはこちらのページで解説しています。

それぞれ使い分けるといい

ただどちらにも共通していることとしては、普段の食生活や生活習慣の見直しが必要であるということです。便秘茶にも食物繊維が含まれていますが、できるだけ野菜や普段の食事から積極的に取り入れることも必要です。便秘薬に頼らなくてもいいように、適度な運動を取り入れストレス解消を心がけるなど溜め込まない体づくりもしなければなりません。便秘はただお腹を苦しくさせるだけでなく、重大な病気の原因となることもあるため甘く見ていいものではありません。お腹の調子が気になった時点で、便秘薬や便秘茶などそれぞれ活用しながらお腹を整えていくことが大切なのです。便秘薬と便秘茶の特徴を知り、正しく使うことで健康維持のためにも非常に役立ってくれます。自分の体と相談しながら上手に使い分けてください。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2019 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.