1. HOME
  2. 便秘解消むくみ腸が便秘の原因かも?お茶やヨーグルトの乳酸菌で予防しよう

むくみ腸が便秘の原因かも?お茶やヨーグルトの乳酸菌で予防しよう

ヨーグルトとスプーン

足や顔がむくんでいるのを発見すると1日中ブルーな気分だったりしますよね。そんなむくみは外面だけでなく、見えない部分にも発生すると知っていましたか。具体的には腸がむくむことがあり、放っておくと便秘で便が溜まっていくことに繋がります。

むくみ腸って?

むくみ腸というのは、言ってしまえば名前の通り腸がむくんだ状態で、イメージとしては腸が体内でパンパンになっているといった感じです。そんなむくみ腸になってしまうと腸のぜんどう運動が鈍り、便秘になって延々と便が体の中に溜まっていきます。この時、体内に溜まった便が次第に腐っていくため、非常におならが臭いのが特徴です

実際にむくみ腸をチェックする際は、おならの匂いで判断することもあり、他にも肌荒れや吹き出物が発生する可能性もあります。腸がむくみやすい人は手足や顔もむくみやすいと言われているので、むくみが頻発するうえに便秘で悩んでいる人も、むくみ腸を疑っておいたほうがいいでしょう。そんなむくみ腸は放置しておけば治るというものでも無いので、きちんとした予防方法を身につけておき、それを実践に移す必要があります。

むくみ腸には乳酸菌

むくみ腸はぜんどう運動が弱っている状態。ここに便秘薬や下剤を使ってしまうと、腸のぜんどう運動をさらに弱めることとなり、最悪の場合は腸のぜんどう運動が微々たるものになり、自力での排泄が困難な体内環境になってしまいます。

そこで、むくみ腸の改善には腸の環境を根本から改善していくことが必要になるのです。それには乳酸菌の摂取が良いとされており、摂取することで腸内の善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌が腸内で増えるということは、それだけ腸の活動が活発になるということ。むくんでしまった腸のぜんどう活動も徐々に回復していき、便を押し出し、同時にむくみも解消していくでしょう。便秘薬のような即効性はないのですが、ぜんどう活動を弱めるなどのデメリットは一切ありませんので、安心して摂取することができます。

乳酸菌はヨーグルトで摂取

乳酸菌といえば、ヨーグルトをイメージする方も多いでしょう。これはまさに正解で、ヨーグルトを食べることで体内に大量の乳酸菌を取り入れることができます。ただ、人によってはヨーグルトに含まれる乳糖を上手く分解することが出来ず、逆に腸内環境を悪くしてしまうことも考えられるので、食べ続けても改善が見られないようであれば、他の方法を試すことも考えましょう。

ちなみに、豆乳ヨーグルトであれば、乳糖で腸内環境が悪化してしまう危険性がほとんどないので、味に抵抗がなければ試してみるのもおすすめです。

乳酸菌はお茶で摂取

一般的なお茶だと乳酸菌を含んでいませんが、種類によっては乳酸菌をたくさん含んだお茶というものが存在します。これなら乳酸菌が不足して、むくみ腸になってしまった人にもぴったりでしょう。しかも、乳酸菌だけでは無く食物繊維も含まれているので、そのパワーはヨーグルトを凌ぐと言っても過言ではありません。食物繊維が働くのに必要な水分も、お茶ですので同時摂取が可能で良いことづくめです。

ただ、商品によっては甘味料などの添加物が含まれており、これらが腸をむくませ便秘の悪化、または他の悪影響を発生させる危険を持っています。そこで、お茶で乳酸菌を摂取するのであれば、成分表記に注目して添加物は含まれていないかをしっかり確認しておきましょう。

成分表記で分かりにくい場合は、お子様や妊婦さんでも飲めるといった説明を参考にすると分かりやすいかもしれません。ちなみに、ビフィズス菌の入ったヨーグルトと一緒に摂取することで、食物繊維が餌となり効果が倍増するので、ぜひ試してみてください。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2020 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.