1. HOME
  2. 便秘解消ビフィズス菌を便秘茶などで摂り入れて便秘対策!効果の理由って?

ビフィズス菌を便秘茶などで摂り入れて便秘対策!効果の理由って?

透明のティーポットに入ったお茶

テレビやネットなんかでよく見かけるビフィズス菌。名前は知っていても、どんな成分かまでは知らない方も多いのではないでしょうか。実はこのビフィズス菌というのは腸内環境改善効果があり、便秘の人ほど積極的な摂取が必要になるのです。

ビフィズス菌で便秘解消?

ビフィズス菌といえば、ヨーグルトに含まれていることで有名な菌で、普段からよく目にする乳酸菌の一種でもあるのです。ビフィズス菌は善玉菌と言って、その名の通り体内で善いおこないをしてくれます。特に便秘解消、腸内環境改善効果が強いことが有名。ビフィズス菌が体内に摂りこまれることで、悪玉菌が増えて弱った状態の腸をみるみるうちに回復させていくのです。

そもそも腸には大きく分けると善玉菌と悪玉菌の2種類が存在しており、これらがバランスをとりながら腸を正常な状態に保ってくれています。しかし、残念なことに腸は様々な悪影響を受けやすい体内器官。ほとんどの人は悪玉菌を増やしてしまいがちなのです。そして悪玉菌が増えればせっかくのバランスは崩壊し、腸が働きを低下させ、最終的に便を外に送りだせずに便秘になります。

このバランスが崩れた状態は、そのまま放っておいて回復するものではありません。外部的な何かでビフィズス菌を初めとした善玉菌を摂り入れ、回復を促してあげる必要があるのです。

便秘茶でビフィズス菌補給

ビフィズス菌といえばヨーグルトなので、毎日これを食べればビフィズス菌補給になる、という考えも間違いではありません。しかし、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌だけでは腸内環境を改善するほどの効果を得るのは難しいのも事実。何故ならば、ビフィズス菌はオリゴ糖と一緒に摂取してこそ効果のある成分だからです。

そもそもビフィズス菌というのは弱く脆いので、腸までなかなか辿りつくことが出来ず、辿りついても微々たるものだったりします。ここでビフィズス菌だけだと便と一緒に排泄されて、すぐになくなってしまうのですが、オリゴ糖が一緒ならそんなことはありません。

オリゴ糖はビフィズス菌の餌であり、一緒に摂取して腸まで運ばれると、ビフィズス菌はオリゴ糖を食べてガンガン増えてくれるのです。これならば、腸の中に届くビフィズス菌が微々たるものでも、オリゴ糖パワーで増えるので問題ありません。

さて、これを踏まえてビフィズス菌とオリゴ糖を同時に摂取するにはどうすればいいのか、という疑問への答えが便秘茶というわけです。便秘茶にはビフィズス菌だけでなく、オリゴ糖も配合されているので、ビフィズス菌が不足する心配はなし。確実にビフィズス菌を増やし、悪玉菌を減らしていき、腸の中をスッキリさせてくれるでしょう。

食物繊維の摂取も重要

実はビフィズス菌の餌となるのは、オリゴ糖だけではありません。ビフィズス菌というのは多少雑食なところがあり、食物繊維も餌にしてパワーアップすることが出来るのです。とはいえ、ビフィズス菌とオリゴ糖、そこに食物繊維をプラスした食品というのは探すのが非常に面倒。しかし、便秘茶はそんな3つの成分を一挙に配合しています。

先ほど説明した効果に、食物繊維がプラスされれば頑固な便秘もたちまち解消するだけでなく、腸内環境が整備されるので次に便秘にかかるリスクが大幅に下がるでしょう。ちなみに、ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維は毎日摂取し続けることで効果が現れるとされています。

そのため、食品だと確実に飽きが来るのですが、この点でも便秘茶は優秀です。粉末タイプのものであれば、ケーキに混ぜたり牛乳に溶かしたりとアレンジすることが出来るので、毎日飲み続けても飽きがきません。何事も毎日続けるというのは大変なことですが、便秘解消のためにも毎日のビフィズス菌摂取を心がけてみてください。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2020 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.