1. HOME
  2. 便秘解消便秘に効く漢方にはどんなものがあるの?種類や効果と注意点

便秘に効く漢方にはどんなものがあるの?種類や効果と注意点

カプセルに入った漢方薬

お腹がぽっこりしてしまう辛い便秘も、もしかすると漢方薬によって改善できるかもしれません。漢方とは中国でかなり昔から親しまれている薬の一種で、症状別にたくさんの種類が存在しています。今回はそんな漢方の中から便秘に効果のあるものを注意点と共に紹介していきます。

大甘丸

大甘丸(だいかんがん)は腸を強く刺激してくれる漢方です。便秘というのは便が腸の中に留まり、腸に刺激がないばかりにどんどんと蓄積していく症状でもあるのです。これを改善するためには腸への刺激を与えることが重要なのですが、そう上手く刺激を与えてくれる成分もそうありません。

しかし、大甘丸に含まれているセンノサイド、アントラキノンといった成分が腸の粘膜を刺激してくれるので、無理をしなくても自然な排泄をすることができるでしょう。さらに、便秘からくるお腹の痛みを緩和してくれる効果まで持っており、主に生活習慣からくる便秘の治療に使われているというのも嬉しいポイントです。

ただ、便秘と同時に下痢も引き起こしやすい人は服用する際に注意が必要でしょう。何故なら、刺激が強すぎることで悪質な便秘を発症することもあるからです。大量の服用をしなければ安全ともされていますが、下痢が心配な方は少しずつの摂取をおすすめします。

大柴胡湯

大柴胡湯(だいさいことう)は、血流の問題からきている便秘に強い効果をもっています。これは冷え性を持っていたりする人に多いのですが、血行が悪くなることで腸内への血液循環も悪くなり、腸の働きが弱くなってしまうことがあるのです。便の排泄をするためには腸がきちんと役割を果たさなくてはならないため、これは当然、便秘の原因となります。

そんな血行が悪い状態を改善してくれるのが大柴胡湯と言われており、同時に肩こりや腰痛も解消してくれるのです。他のものと違って腸へ直接作用するのではなく、根本的な原因である血行から改善してくれるので、時間はかかるものの効果が現れれば便秘体質も改善されるでしょう。注意点としては、大甘丸と同様に下痢が発症することも考えられるので、服用後に何か問題があると感じたらいったん中止して医師に相談してください。

麻子仁丸

麻子仁丸(ましにんがん)は便秘の中でも、特に便が硬くなってしまっている人に有効な漢方です。たとえば、一応は便が出ているけど非常に排泄が困難であったり、排泄されてもウサギの糞のような小さくて丸いものではありませんか。これは便がカラカラに乾いてしまい腸に水分が少ない状態。麻子仁丸はそんな腸内を脂肪油で潤う効果を持っており、便が腸からスルッと出てくるようにしてくれます。

そのため、今までは強くいきまなければ排泄出来なかった便もスムーズな排泄となり、ウサギの糞のようになることはありません。しかも、体が弱い高齢者の方でも飲むことができるのです。ただ、副作用として吐き気や嘔吐が発生することもあるので、体質に合わないと思えば服用を控えておいた方が無難でしょう。特に妊娠中の方などは、副作用が赤ちゃんに悪影響となる可能性もあるので必ず医師に相談してから服用するようにしてください。

柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)という長い名前の漢方は、ストレスからくる便秘に有効です。ストレスから腸が弱ったり、生活習慣の乱れから自律神経がおかしくなったりしているときに、柴胡加竜骨牡蛎湯を飲むことで神経を安定させ、便秘の原因であるストレス等を緩和してくれます。

これに加えて不眠や不安にも効果的とされているので、便秘の悩みで眠れないという人にもおすすめです。ひとつだけ注意点として、人によっては食欲不振に陥ることがありえます。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2020 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.