1. HOME
  2. 妊娠中の悩み妊娠初期の下痢で流産するって本当?さまざまな原因と対策まとめ

妊娠初期の下痢で流産するって本当?さまざまな原因と対策まとめ

妊娠初期の下痢で流産するって本当?さまざまな原因と対策まとめ

妊娠初期に下痢をしてしまうと、腹痛がお腹の中の胎児にどのような影響があるのか解らない分だけ心配ですよね。でも妊娠初期の下痢は便秘と同じくらい多い症状ですのであまり心配は要りません。そこには妊娠独自の原因と対策がありますのでご安心下さい。

妊娠初期の下痢<原因>

元から便秘になりやすかった人は便秘に、下痢になりやすかった人は下痢になりやすくなるのが妊娠初期です。それは妊娠初期には急激にホルモンのバランスが変化し、中でもプロゲステロンと言うホルモンが腸の動きを鈍くしてしまう事が原因とされています。なので便秘気味の人はますます便秘に、そして下痢気味だった人はますます下痢になってしまうという訳なのです。そして妊娠初期はつわりの関係で食べれなかったりして水分ばかり取ってしまうのも原因のひとつですのであまり気にしないようにして下さいね。

妊娠初期の下痢<対策>

下痢の対策としてポピュラーなのはやはりお腹を温める事です。カイロをおなかに貼るのもいいのですが、その時は腹巻などワンクッション置いてからにしましょう。お腹だけでなく、足先なども夏でも冷えないように対策をしておく事で妊娠初期の下痢は緩和されます。

下痢では流産の心配は無い

もちろん下痢の腹痛に混じって流産する時の子宮収縮の痛みがないとは言い切れませんが、下痢が原因で流産する事はほぼ無いと言えましょう。下痢も長引くと妊娠中は脱水症状になりやすくなりますので、こまめに温かいもので水分補給しながら様子をみましょう。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2020 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.