1. HOME
  2. 妊娠中の悩み蕁麻疹ができてかゆい…妊娠性痒疹の原因や対処法、治る時期

蕁麻疹ができてかゆい…妊娠性痒疹の原因や対処法、治る時期

女性の背中の画像

蕁麻疹が出来ると痒いのはもちろんのこと、見た目的にも良くないものです。そこで、妊娠時におきる妊娠性痒疹の対策や原因をご紹介します。

妊娠性痒疹の原因

妊娠性痒疹の原因ははっきりしないところがあるのですが、おおよそホルモンバランスの変化という見解で通っているようです。ホルモンバランスが乱れることにより、体内外の様々な部分に影響が出てしまうもので、その一環として妊娠性痒疹もおこるのでしょう。ちなみに、2回目以降の妊娠の方が発症率が高いとされているので、前回出ていなくても油断してはいけません。

妊娠性痒疹の対処法

妊娠性痒疹になった時には、すぐに皮膚科に駆け込むのがいいでしょう。病院ではステロイド剤を処方してくれるので、それを使って妊娠性痒疹を抑え込みます。薬による赤ちゃんへの影響は無いとされていますが、どうしても不安が残るという人は、よもぎを取り入れること改善するかもしれません。ただし、よもぎには妊娠中に必要な葉酸の摂取を妨げてしまう成分が入っているので、過剰摂取は控えましょう。

妊娠性痒疹の治るまで

妊娠性痒疹は出産後3か月程度でなくなるとされていますが、人によっては治りが遅く1年かかる場合もあるそうです。軽い場合は、薬を塗って1ヶ月もしないうちに消えることもあり、時期を断定するのは難しい面もあります。出産が終わったから治るだろうと思っていると、いつまでも治らないこともあるので、痒みが酷い場合はすぐに病院に行きましょう。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2019 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.