糖質カットサプリ比較ランキング 口コミ・評判
  1. HOME
  2. 妊婦さんの便秘に関する基礎知識
  3. 妊婦さんの便秘予防の方法

妊婦さんの便秘予防の方法

妊娠中は体に大きな変化を感じる時期である

お腹に新しい命が宿ること、とても喜ばしく素晴らしいことですが、女性にとっては体の大きな変化を感じる時期でもあります。栄養が不足していることが元で起こる貧血、代謝が悪くなることで起きる体のむくみ、様々な原因が絡み合って起こる便秘など、様々な症状に悩まされることも多いでしょう。しかしどれもきちんと正しく予防することで、その症状を緩和させたり防止したりすることは十分可能です。

特に便秘に関しては赤ちゃんが過ごす子宮に近い腸の問題ですから、出来るだけ便秘しないよう心がけ、お腹を楽な状態に保つことが大切です。妊娠したからといって消化・排泄のメカニズムが著しく変わるということはありませんので、基本的な便秘の予防方法が妊娠中も役立ってくれます。正しい方法を知ってあらかじめ便秘に悩まされない体づくりを心がけていきましょう。

まずは便秘が起こる原因を知る

便秘が起こる原因として考えられるものは食物繊維の不足、水分不足、運動不足などが主に挙げられます。肉体的なものに関しては以上のことが主な原因ですが、精神的なものも便秘には大きく影響します。たとえば日頃ストレスを感じやすい方はそのストレスによって腸内環境を悪くしてしまい、便秘を招いてしまうことがあります。また妊娠している場合は、その妊娠によるホルモンバランスの大きな変化によって便秘が起こることもあります。これはホルモンが腸の運動機能を低下させてしまうためで、ホルモンに関しては自力で調節してどうこうというのは非常に難しいでしょう。

いずれも原因は人によって様々ですが、すべてそれをきっかけとして腸機能の低下を招いてしまいます。まずは自分の便秘がどういった原因で起こっているのかを探ること、原因は一つではなく複数当てはまることもあるので、その場合は同時にアプローチしていく必要があります。まずは自分がどういう体質で、どういう時に便秘になりやすいのかを探ることです。

便秘を予防する方法とは一体?

自分の便秘の原因をある程度把握できたら、それに応じた正しい対処法をとるようにしましょう。まず食物繊維などの栄養が不足していることで便秘が起こる、という方の場合はできるだけ食物繊維を意識した食生活に切り替えることです。ごぼうやさつまいもなどの芋類などがよく挙げられますが、そういった食材を使用したおかずを作るようにしましょう。妊娠中のつわりで思うように食べられないという場合も、出来るだけ無理のない範囲で食べるようにしてください。

続いて水分不足が原因で便秘に悩んでいるという場合は、まずこまめな水分補給を心がけることが大切です。朝起きてすぐコップ一杯の水を飲むことからはじまり、一時間ごとなどある程度の間隔を決めて少しずつ水分をとることがおすすめです。水分不足は便秘以外にも代謝を悪化させる原因になるので、とても重要です。水分補給におすすめしたい飲み物として便秘茶というものがあります。このお茶には食物繊維やビタミン・ミネラルなど栄養が含まれていて、便秘の改善にも役立ってくれます。つわりで食べ物を口にできない方も、こういった便秘茶を取り入れると一緒に栄養を補給できるのでおすすめです。

そして運動不足が原因で便秘になっている場合は、毎日30分程度の散歩を心がけるようにしましょう。ジムに通ったり激しい運動をするのではなく、ちょっとしたウォーキング程度でもOKです。適度な運動を行うだけで便秘が解消することもあります。

便秘を予防して快適マタニティライフ

以上の予防法を行えば、絶対に便秘しない!というわけではありません。先ほども述べたようにホルモンバランスのこともあって、どうしても妊娠中は便秘になりやすいのです。ですが何もしないのと予防しているのでは全く違います。ご自身が無理をしない範囲で予防につとめてみてください。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2019 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.