糖質カットサプリ比較ランキング 口コミ・評判
  1. HOME
  2. 妊婦さんの便秘に関する基礎知識
  3. 妊娠中期の便秘について

妊娠中期の便秘について

妊娠中期になると見た目にも変化が出てきます

妊娠初期を乗り切ると、安定期も見えてくる妊娠中期に突入します。お腹も少しふっくらしてくるなど、見た目にも変化が出てくる時期でしょう。一見安定しているようですが、便秘が起こりやすいとされている妊娠初期は便秘に悩まされることもなく快調だったのに、妊娠中期に差し掛かる辺りで便秘と感じるようになったなど、妊娠中期に便秘が発生して悩んでいるお母さんも多いようです。

その原因として挙げられるのはホルモンバランスの変化によるものもありますが、子宮の大きさの変化によるものもこの時期は挙げられます。また、妊娠初期のあたりにつわりのせいで満足に食事を摂れなかったという方にとっても、その影響がこの妊娠中期で出てくることがあります。妊娠中期の便秘はどのようにして起こるのか、その原因を探って改善の方法をみつけていきましょう。

妊娠中期の便秘はこんなことが原因で起こりやすい

妊娠初期の時点で、まずホルモンのバランスが大きく変化しますが、それを実際に体で感じる時期や度合は人によって様々です。初期の時点ではとくに症状が出なかったという方も、中期に差し掛かって突然便秘に悩まされることは珍しいことではありません。ホルモンはちょっとしたことで体に変化をもたらすため、便秘になってしまうのは「まあ誰でもあることだから」とまずは受け止めてしまうことです。つまりホルモンの変化により便秘というのが原因の一つとして挙げられます。

そして次に挙げられるのが子宮の変化です。中期になるとお腹が少しずつ膨らんでいき、お腹の赤ちゃんも大きくなり始めます。すると子宮の大きさもいままでより大きくなっていきますので、それによって胃や腸を圧迫させてしまうことがあります。胃が圧迫されるとうまく消化機能が働かなくなるため消化不良を起こし、食べて消化したものを腸に届ける際に不完全な状態となってしまうことがあります。そして腸が圧迫されていると腸の運動機能が落ちてしまうため、上手く便を作る働きができなくなってしまいます。つまり胃と腸、どちらの働きが低下しても便秘になりうるということです。

さらに子宮関連の原因はもうひとつ、子宮内に羊水を溜め込もうとする働きが起こることによって体内の水分量が低下してしまうことも便秘のきっかけとなります。また、つわりの時期に水分や食事を摂れなかったことがクセとなってしまい、便秘になりやすい習慣が身に付いてしまったことも妊娠中期の便秘を引き起こす原因となります。

妊娠中期の便秘解消法法とは?

おそらく妊娠中期になれば殆どの方がつわりも落ち着いて、普通の食生活に戻れるようになります。まず食事は食物繊維を中心としたメニューとし、こまめに適量の水分補給を継続していくことから始めてみましょう。簡単な体操やウォーキングなどで体を軽く動かすと、運動不足解消にも繋がりますのでできるだけ心がけてみてください。まずは無理をしないこと、出来る範囲での便秘解消法法を試みることです。

栄養補給や水分補給の面において、非常に効率よく摂取できる方法として挙げられるのが「便秘茶の摂取」です。便秘茶には多くの栄養が含まれていて、妊婦さんでも安心して飲めるよう作られているものも多く最近人気がある飲み物です。食事だけでは補うことができない栄養も、便秘茶を飲むことで簡単に補給することが出来ますし、水分を補給するという点においてもおすすめです。このお茶を飲む習慣を毎日つけるだけで、思った以上に便秘が改善されることもあるのでまずは一度試しに飲んでみてはいかがでしょうか。
妊娠中期の過ごし方で今後のマタニティライフは良くも悪くもなります。まずはここが踏ん張りどころです。

スッキリを超実感!《No1》便秘茶は「すっきり贅沢抹茶」

© 2019 妊婦・妊娠中の便秘解消ガイド All Rights Reserved.